お盆休みは当たり前になっていますが、そもそもなんで休みなの?

この記事を読まれているということは、あなたも知らなかったんでしょうね^^

調べてみると「えっ!それだけ・・・・・」となってしまいますが、あの国民的アイドル級の休みと同じくらい大事な日だから休みになっているんです。

お盆に関する記事は別にご用意しています。ここでは、「なぜお盆が休みになるか?」をご紹介していますので^^

Sponsored Link

お盆は「あの休日」と肩を並べるほど重要な日だった!

お盆にお墓参り

お盆はあの国民的アイドル級の「あの休日」と同じくらい重要視されていました。

「あの休日」とは・・・・・

そう!お正月です^^

お正月と同じくらい重要な行事と日本ではされてきたので、お盆は休みになり全員ご先祖様に感謝する意を込めてお墓参りをしましょうということです。

だから、お盆行事などが行われています。お墓参りをするのも本来の意味は以下になります↓

8月13日に迎え火で死者を家に迎えます(盆の入り)

お墓まで霊を迎えに行くという地方もあります。お墓参りをし、お墓で提灯に火を灯し、その火を消さずに自宅まで持ち帰り、御仏壇の蝋燭に移し、迎え火の火種にします。

これが、簡略化?されてお盆の期間にお墓参りすればいいという感じになってきています。

お盆休みはいつ?期間は?

お盆の流れは以下になりますが、通常は7月です。関西などは8月(月遅れ盆)となります。

★13~16日までの4日間★

お盆の詳しい記事はコチラをご覧下さい
>>>作成中

上記の期間がお盆休みとなります。土日などがうまく絡めば休みが長くなりますね^^

ですが企業によっては、お盆休みを前半後半に分けたり一週間ずらしたりと様々です。お盆の意味を考えるとあり得ない考えですよね?

さらに、お盆は楽しい休みだぁ~っ!てウキウキしているのを見るとなんだか・・・・・

話しを戻しますが【お墓参り】は、基本13日です。終われば自宅へ帰るのですが、いつも親は16日まで実家にいます。でないと、「家に先祖が帰ってきているのに失礼やし16日に送らないと帰れへんやろ~」と。

よく考えれば「お墓参り=お迎え」ですので、いつ送っているのか?考えたら怖くなってきた・・・・・

Sponsored Link

お盆は地方によって異なる?

関西と関東でも違います。

私は関西ですので、8月(月遅れ盆)が一般的です。逆に関東では7月がお盆となっています。

もちろん一部地域では、違ったりしています。うん!ややこしいって。

今思えば、東京出身の知り合いは7月に休みを取って実家に帰っていましたがそういうことだったんですね^^;

お盆の意味を周りに聞いてみたら・・・・・

全く関係ないんですが、いろんな方にお盆休みの意味を聞いてみました。

「なぜ、お盆って休みか知ってる?」ってね。

すると、言う事がバラバラ・・・・・。

ヒドイ方になると、「えっ?大人の夏休みやろ?会社が決めたんちゃうの?」って・・・・・。アイタタタ。ちなみにこの人45歳!

ほとんどの方が、「先祖の墓参りのために決まってるやん!」と言いますが「だから何で休みになってんの?」と聞き返すと「ええっと・・・・・・あれや、あれ・・・・・。」と答えは返ってきませんでした。

まぁ、私も調べるまでは「・・・・・。」側の人間でしたよ、ええ!

>>>お盆の詳細はこちらの記事です

何となく分かっている事って本当に多いですよねぇ^^

Sponsored Link